ブログ

はっちが膿皮症になった話

珍しくイケメンに撮影できたはっち

膿皮症という病気はご存知でしょうか。我が家のイタグレはっちが膿皮症になってしまいました。

背中に傷がある事は気づいていたのですが、一緒に暮らしているミニピンびびとの喧嘩(遊び)の傷と思っていました。しかしどうやらそうではないようで。。。

膿皮症とは

膿皮症とは犬の皮膚にいるブドウ球菌が異常増殖し湿疹が発生する病気です。

ブドウ球菌自体は常在菌ですのでいる事は問題ないのですが、異常増殖することが問題です。

膿皮症 はっちの背中

初期の状態はニキビのようなものがポツポツとあるような感じ、この時点で病院に連れて行けば良かったのですが、見逃してしまいました。

獣医師によると早期の場合は塗り薬で治る場合が多いらしいです。身に覚えのない傷、湿疹があったら皮膚病かもしれないと疑いましょう。

膿皮症は他のワンコにうつるか

これが心配でした。我が家にはミニピンのびびもいるため病気がうつるのか。

また散歩やドックランなどで他のワンコにうつる事があるのか。

こちらに関して病気がうつる事はないようです。

獣医師によると散歩やドックランを制限する必要はなく、特に普段の生活を変えなくても良いとのこと。

膿皮症の治療法

はっちの場合は内服薬(抗生剤)と治療用のシャンプーが処方されました。

薬はおやつに仕込むと全く気付かず食べてくれるおバカさんで良かったのですが、シャンプーが苦手でなかなか大変ですね。。。

膿皮症の進行具合で治療法も変わってくるらしく、早期発見し治療、また見た目に治ったと思ってもしっかり薬を飲ませ完治させることが大事とのこと。

ほんと飼い主が病気に気づいてあげる事が大事ですよね。

はっち。病気感全くないので。。。いや元気で結構なんですけどね笑

-ブログ

© 2021 わんこブログ Powered by AFFINGER5