ハンドメイド

パラコードで犬の首輪を作ってみた

パラコードってご存知でしょうか。

これがパラコード

パラコードのとはパラシュートコードの略でその名の通りパラシュートの紐として使われており、人間をぶら下げているだけあって強度が高い。よく使われる4㎜のパラコードで250kgの耐荷重、ナイロン製なので水に濡れても平気、おまけに軽いと非常に汎用性が高い素材です。カラーバリエーションも豊富でファッション性も高いことからブレスレットなどのアクセサリーとしても使用されています。

パラコードは首輪の素材に最適

最近はドックランなどでもパラコードの首輪を付けているわんこよく見かけますので知っている方も多いと思います。高強度、耐水性の高いこの素材は首輪の素材としても適しています。カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイント。

うちのわんこはミニピンとイタグレ。特にイタグレは幅広な首輪が似合うなと思っていたのでパラコードを使い作ってみる事にしました。

パラコードの編み方は同じことの繰り返し

パラコードを編むの難しそう、そのように思われるかもしれませんが、やり方を覚えると基本的には同じことの繰り返しです。

同じことの繰り返し

あと編み方ですが、私はYouTubeの動画を見て勉強しました。海外の人が投稿しているものが多く、何言っているか全然わかりませんが、よっぽど複雑な編み方じゃなければ動画見ながら真似していると出来ると思います。

完成した首輪がこちら

イタグレのハッチ用に
なかなか良い感じ♪
ハッチだけだとかわいそうなのでミニピンのビビにも。ビビはハーフチョーカーにしてみました。
気に入ってくれるかな

こんな感じでちょっと練習すれば簡単に首輪作れますので、興味のある方はぜひ挑戦してみて下さい。首輪以外にもリードなんかも作れます。

パラコードの購入先

私の場合、カラーバリエーションと価格面で楽天のこのショップから購入しています。


◆パラコード/15mX6本セット◆全99カラー◆Pracord 550 TYPE3/7Strand 4mm◆Japan Produce◆

またチョーカーや金具関係は同じく楽天のこちらのショップから


ペットマルカン 首輪金具 30mm マッドブラック 日本製

ペット系のイベントなどでパラコード首輪を販売している価格を見ると、だいたい私が作ったものと同じようなもので3,500円~4,000円くらいします。

作った方がかなり安いですよ。

また良いものが作れたらブログ更新します。

-ハンドメイド

© 2021 わんこブログ Powered by AFFINGER5