ブログ

小型犬の首輪とハーネスどっちが良い?首輪派の私がハーネスにした理由





愛犬家の皆様は『ハーネスってどうなんだろう??』って思った事ありませんか?

私もそうで今二匹のわんこと暮らしているのですが、お迎えした時からずっと首輪でした。

でも実際にハーネスを購入、試してみた結果、首輪からハーネスメインに変更する事にしました。

ハーネスに変えた一番の理由

最大の理由は犬の負担が軽減された。これです。

うちのミニピンビビちゃんですが、もしかしたら気管が弱いのかも?これは前から疑っていました。

散歩を終えて家に帰った後、しばらく咳き込む事が多く、もしかして首輪かな??

そう思いハーネスを試してみた訳ですが、結果全く咳き込む事がなくなりました。

ちなみにビビちゃんですが、散歩中の引っ張り癖はあまりありません。

首輪でも苦しそうにしている場面はあまりないのですが、散歩中に他の犬と遭遇した時、自転車が近づいてきた時、こういう場合はやはり興奮し多少首輪に締め付けられます。

人間が思っている以上に首輪の首への負担は大きかったのかも?

そう思いもう一匹のイタグレはっち君もハーネスに変えました。

 

また、小型犬に多いのですが気管虚脱という病気があります。

首輪を引っ張る事による物理的な気管の圧迫は気管虚脱の原因の一つと考えられており、ハーネスはその予防に効果があると言われています。

気管虚脱の症状としては咳をする事が多くなったり、呼吸音が異常、最悪のケースとして呼吸困難に陥る、とった事が挙げられます。

フレンチブルドック、パグ、シーズーなどの短頭種は特に気管虚脱になりやすいため注意してあげて下さい。

もしかして気管が弱いかも?そう思った事のある飼い主さんは一度ハーネスを試してみるのも良いかもしれませんね。

ハーネスのデメリット

しかしハーネスにもデメリットがあると言われています。

  • 首輪に比べてトレーニングに向かない

ハーネスは飼い主の指示を伝えにくく、しつけやトレーニングに不向き、そう言われています。

特に引っ張り癖のあるわんこだとグイグイ引っ張っても苦しくならないため、悪い癖を助長させてしまう可能性があります。

また急に走り出したり、他の犬に向かっていく等の問題行動を起こした場合、首輪より制御がしにくいと言われています。

 

引っ張り癖があるわんこほど首に負担が掛かるためハーネスにすると負担軽減できる。

でもしつけ面では首輪の方が良い、結局どうすれば良いんだ!?そう思っちゃいますよね笑

 

実は恥ずかしながらイタグレのはっち君は結構引っ張り癖あります。散歩好きすぎてグエグエ言いながら突き進んでいくタイプです。。。

何でそんなに苦しそうなのに引っ張るのか。。。笑

で、思ったのですが首輪にしても結局引っ張るのだったら、首に負担が掛からないハーネスの方が良いのでは?という結論に。

実際にハーネスで散歩したところ、相変わらずグイグイ引っ張ってきますが、グエグエはなくなりました。

そして首が苦しくないのかいつもより楽しそうです笑

ハーネスのデメリットとして犬を制御しにくい、そう言われていますが、小型犬の場合はそこまで首輪と違わないというのが正直な感想です。

しつけが完璧に出来ているのが理想なんでしょうが、出来ないものはしょうがない。

なので首への負担を軽減。そちらを優先しました。

ハーネスをネットで買うのは注意!

ハーネスを購入する時の注意点として、実際に試着してサイズを見る方が良いです。

というのもうちの2匹わんこ、4kgのミニピンと5kgのイタグレですが、同じハーネスなのにイタグレの方が1サイズ小さかったんですよ。

首輪だと首回りの長さ測るのは簡単なので、そこまでサイズ選びで苦労することはないですが、ハーネスは試着してみないとサイズ選び難しいと思います。

ネットで買うにしても、一度ペットショップ等で試着させてもらいサイズ確認する事をオススメします。

注意

サイズ合っていないハーネスはすっぽ抜けする可能性が高くなり危険です

ハーネスの種類

ハーネスと言っても様々な種類があるので代表的なものを紹介しておきます。

  • 8の字型

私が買ったものもこのタイプです。ちなみにこれ↓


よくハーネスって首輪に比べ取り付けが面倒、と言われますが、このタイプは結構簡単です。

足に通す必要がないので、犬が嫌がる事も少ないはずです。

ただし取り付けが簡単ですが、特にミニチュアダックスやコーギーといった足の短い犬種はすっぽ抜けしやすいので注意が必要です。

  • H型

H型のハーネスは8の字と比べ、足に通す必要があるので装着はややしにくく、また足を触られる事を嫌う場合もあります。

ただし引っ張る力が全体的に分散するというメリットがあります。


  • ベスト型

ベスト型のハーネスは生地の面積が広いため、より力が分散されるのが利点です。

またデザイン性も高いので、可愛いのが多いのも嬉しいポイントですね。


  • イージーウォークハーネス

ハーネスは引っ張り癖を助長してしまう可能性がありますが、このハーネスはとリードを繋ぐ部分が胸元についているため、他のハーネスに比べ引っ張りを防止できるという特性があります。

しつけ用としても使えるハーネスですが、皮膚が擦れやすいという口コミもよく聞くため、場合によっては皮膚の擦れ対策をする必要があります。


というわけで今回はハーネスについて紹介してみました。

今はドックラン内では首輪、普段はハーネスと使い分けています。

うちの2匹は首輪からハーネスに変えて非常に良かったと思っています。首への負担はもちろんですが、2匹共に言えることはハーネスの方が楽しそうに散歩しています。

ハーネス、悩んでいる方は是非一度検討してみて下さい♪

 

 

 

-ブログ

© 2021 わんこブログ Powered by AFFINGER5